テーマ:ドラゴンズ

落合博満講演会に行ってきた。ようやく。

金曜の夜に名古屋で開催、しかも森繁和がゲスト、ということで、行かなあかんだろうと。 センチュリーホールは3階席まで結構人が入っていたぞ。相変わらず人気なのね。 話は、ぽんぽんと脈略なく話題が変わっていく。 普段のビジネスシーンでは、アジェンダ、章立て、結論ファーストな感覚に慣れているから、 どうも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤井純一著「監督・選手が変わってもなぜ強い?北海道日本ハムファイターズのチーム戦略」

思いのほかスポーツビジネス、チーム経営の話だった。 普通の会社同様、利益を出し続けること、そして明確な経営ビジョンを掲げ続けることが、しいては一貫性あるチーム作りにつながり、そして、場当たり的な選手補強に頼らずに若手を育ててチーム内から選手を輩出し続けることができる、のだと。 それが安定した好成績、そしてファンの定着につなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗山英樹著「覚悟」

日ハム栗山監督が、2012年のリーグ制覇直後に発刊した著書。 監督って、本来どうあるべきなんだ?ってところをちょっと垣間みたくて、読んでみた。 2013年、落合さんの予言通り、 2年目の高木守道政権は、ボロボロだ。 はっきり言って、見るに値しない、論じるに値しない。 選手が可哀想だ、と胸を痛めるだけなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小山龍介著「ビジネス・マネジメント・スタジアム」

こういう本がいずれ出てくるんだろうな、と思っていたけど、 いきなり出ていた。。 落合采配が、これからのビジネス界におけるマネジメントでも大いに参考になる、という主旨。 落合采配の凄さを知り尽くした自分にとってはあまり新鮮な情報はなかったのだが、、、 名著ビジョナリーカンパニーで語られた、 「リーダーは時を告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森繁和著「参謀」

落合信者の自分にとっては、「気持ちいい」以外の何者でもない内容。 落合と森、こんな2人が頭を張ってるチームなんて、強くなるに決まってるじゃんと改めて思った。 「理」と「情」が織りなす夢のコラボだわ。 また森が呼び寄せた過去8年のコーチ陣は、もちろん西武中心だけど優勝経験が豊富だったな。 勝つチームにするためには優勝経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落合博満

もう2011年は終わったのに、まだ落合監督が名残惜しいんですけど。 落合監督の8年間は本当に野球が楽しかった。ありがとうございます。 いろんな人がいろんなところで落合さんを絶賛し、 「采配」にはすべてが書いてあって、いまさら自分が書き留めることもなくなった感あり。 ということで、退任が決まり、シーズンが終わっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落合采配に思う。「レギュラー」もひとつの役割でしかない。

落合監督はどれだけ調子を落としてても「レギュラー」を固めて戦うタイプ。 レギュラーか否かを、明確に決めている。 一人前と認めているのはレギュラーだけ、と明言している。 でもその一方で監督は、「レギュラー」という役割を「代打」「代走」「守備固め」といったと同じひとつの役割としか見ていないんだなあ、と最近思う。 物事を常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球開幕。

いやあ、さりげなく始まりましたね。 ドラゴンズ、さりげなく開幕戦負けてるし。 確か去年も開幕負けたよなあ。だから今年も期待できるかも。 でも、連覇が期待されてるシーズンだけど、さずがに優勝は厳しいんじゃないの??って思いますね。 他球団のレベルが上がってる中で、この戦力で連覇できたら本当に落合監督凄い。 まあ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本シリーズの感想

忘れないうちに書いとかないと。。。 明るくてやんちゃなチームと大人しくて不気味なチーム。 短期決戦は雰囲気とか勢いがシーズン以上に意味を持つから、最初から嫌な予感はしてたけど、やっぱり負けちゃった。 完全優勝はまた来年に持ち越し。 でも、やっぱり落合監督、印象に残る采配をたくさんしてくれて楽しいシリーズだった。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤川被弾に思う。

あー、久しぶりの更新。 今日、中日優勝が決まった。 もちろん嬉しいけど、何か複雑。 この戦力で優勝できたのは間違いなく落合監督の手腕。 でも、それ以上に巨人阪神の不甲斐無さがある。 昨日の藤川被弾。 9月に入って、藤川2イニングやりすぎ。 一方、落合監督はシーズン通して、ピッチャーを大切に使い続けた。 ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩瀬250セーブとリーグ戦再開で思う。

岩瀬のスライダーは、一般市民にとってはスゴいボールに見えない! (と思う。そんなことないですか?) テレビカメラの角度的に、左ピッチャーの逃げる球は球筋が良く分からんから。 でもプロ野球選手は、「往年の岩瀬のスライダーは、途中で消えた」とよく言ってる。 たまーに、横浜スタジアムの中継の時にピッチャーの左側からのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書記:テリー伊藤著「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」

いま、日本人に必要なのは「落合力」。彼こそ、これからの日本を救うリーダーである!と、最初から最後まで落合監督を絶賛する内容。 もちろん、この本に書かれていることは全て強く共感。 でも、この本はそれだけだったな。 まあ、この本を手に取るのは基本的に落合ファンが多いだろうから、もうちょっと違う視点から語っても良かったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(セサルの)「顔色を見てわからないか。違うだろ。」

わからんて。。。尊敬してやまない落合監督の、04年以来これまでの5本の指に入る名言が、また登場した。 何が名言かって、遠いラテンの国からやってきた外国人選手セサルが日本に順応するまでを温かく見守る懐の広さ、そして、どれだけ批判されてもこれからもセサルを使い続けるという監督の強い意志、そしてそれに絶品のユーモアと愛情がハーモニー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ショート荒木と普天間問題。~落合さん、公約違反でも構いません~

戻すに戻せない八方塞り状態。 落合さん、公約違反でも構わないので、荒木をセカンドに戻してください。 あるいは、説明責任を果たして欲しい。ここまでコンバートにこだわる理由を。 04年以来、これまで落合監督の判断には全く異論が無かったが、このコンバートだけはやっぱり分からない。 「荒木と井端の今後の野球人生のため」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンズ:各チームと一通り戦って。

週末のジャイアンツ戦を1勝2敗で凌ぎ、これで5球団とひと通り戦った。 落合監督もコメントしていたけど、まあジャイアンツに3連敗しなかっただけ、よしとすべきだと思う。 残念ながら、力の差は大きい。余程のことがないと優勝できないなあ。 15試合戦ってカード負け越しは対スワローズとジャイアンツ。 また今年も「ドラゴンズは、強い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンズ開幕三連戦。

先週金曜日から開幕した今年のセ・リーグ。 今年の順位予想は、何をみても完全にジャイアンツの評価が高い。 まあ、高橋由伸が8番に入る打線だからね。こんな打線が組めるのはオールスターかファミスタくらいだね。 でも投手陣は不安材料があると見た。調子が良い時は手が付けられないが、バッター陣が揃って調子を落としたりすると大連敗の可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

李炳圭

ようやく居なくなる。いやあ、この人ほど、基本的には温かい中日ファンにまで嫌われた選手も珍しい。 なぜ?この嫌われよう。 中日は数年前までアレックス、英智、福留という豪華外野守備陣を誇っていただけに、まずは守備の見劣りがファンをがっかりさせてしまったな。山なりの返球。全速力に見えない、キレのない走り。 打撃にしても、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

WBCについて

ちょっと時間は経ったが、注目されたWBC日韓戦が2試合終わった。 準決勝のコールド勝ちは結果オーライのラッキー勝ち。決勝の1-0の試合が双方実力を出し切った真の力だと感じた。 しっかりテレビで観たのは準決勝のほう。 この試合で一番疑問に感じたのは、初回、2回とまだ点差が開いていない状況で送りバンドをまったくしなかったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more