日常のインプットとアウトプット

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書記:秋草鶴次著「十七歳の硫黄島」

<<   作成日時 : 2009/04/30 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


なぜかぜか、図書館で目に飛び込んできたので借りた。

以前、クリントイーストウッドの映画「硫黄島からの手紙」を見たが、壮絶な雰囲気と迫力ではこの本のほうが伝わるものがあった。

現実の世界で繰り広げられたことなのか、信じられない。
そして今、なんだかんだ平和な世の中になっていることも、信じられない。

まだ二十歳前の兵士が、自分の命を最後まで信じ、最後まで生き抜いてやろうという意志に感動した。
長い意識混濁の眠りを境に、著者は二度の人生を送ったような気がする。
そして今も続く第二の人生は、これからの世界の平和のために捧げられているのだろう。

自決するものの多くが「おっかさ〜ん!」と叫ぶそうだ。泣きそうになる。

あと、擂鉢山に立てられた星条旗は、実は日本軍が抗戦し、二度日章旗に変えられたことも初めて知った。



十七歳の硫黄島 (文春新書)
文藝春秋
秋草 鶴次
ユーザレビュー:
真実の語る力この方の ...
筆者の肉声に心打たれ ...
最前線で戦争の苦しみ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書記:秋草鶴次著「十七歳の硫黄島」 日常のインプットとアウトプット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる